アフターフォローやサービスの充実度で不動産会社を選ぶ

物件の競売を回避する

お金と家

購入した住宅のローンが支払えない方は、金融機関から返済を迫られ場合によっては競売手続きを行なうことになってしまいます。そうなる前に、専門会社に相談して任意売却を行なうことを検討しましょう。相談内容によっては、任意売却後も自宅に住み続けることができます。その場合の方法は、友人や知人、親戚に一時的に家を買い取ってもらう方法です。この方法であれば任意売却もより良い流れで進めることができます。

住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、まわりの目も気になってしまいますが専門会社に相談することで平穏さを保ちながら生活することもできます。専門会社が必要な手続きを進めてくれる間に、新しい住居を探して住み替えるだけで、作業を終えることができます。近所にはただの引っ越しだと思われるだけですむので安心です。

任意売却と競売には、大きな違いがあります。競売は物件が落札されるまで、時間がかかるので遅延損害金というものが発生してしまいます。時間が経過する程、物件所有者の負担は増えますが、任意売却なら諸費用もかからずに物件を売却することができます。専門家に依頼することで、平穏な生活をおくることができます。ローンの支払いは、一定期間以上滞ることがないように、早めに相談しましょう。信用情報機関に登録されてしまうと、新たにローンが組めなくなる恐れもあり、その場合は5年以上使用することができなくなるので気をつけましょう。困った時は、早急に専門会社に依頼を行ないましょう。